独自ドメインと URI はどう決めるべきか

私はこのように独自ドメインによってウェブサイトを運営している(このウェブログはそのサブドメインである)。その主たる意義は,たとえ現在のレンタルサーバ業者が業務を停止したとしても同じ URI で運営を継続できるようにするためである。または,各種サービスを運営する会社の恣意的な運用から逃れるためである12。それまでの同様の意味で,メールアドレスもこのドメインを使っている。

しかし実は,数か月前までかなりの長期間にわたって異なるドメインを運用していた。いろいろと考えた末,以後は変更せずに使い続けるものとして乗り換えることを決めたのである3。しかし,単に以前のドメインを捨てるわけにはいかない。リンクされている記事があればそれは切れてしまうし,古いメールアドレスしか知らない相手からは連絡がもらえなくなってしまう。古いドメインがどう使われるかという問題4もあるが,これは SEO 的価値が十分になくなってから手放せばよいだろう5

当面の間,以前のドメインからのリダイレクトを行うつもりである。メールも,現在のところどちらのドメインでも届くように設定している。しかし,旧ドメインを維持し続けるのは手間も費用も掛かる。どこかの段階で旧ドメインの扱いを考えねばならないのであるが,その判断は難しい6

このように,ドメインをどうするかは先を見越して考えねばならない。私が以前のドメインを取得した頃には知識も足りず感性も若すぎた。高等学校の情報科で触れてもよいのではないだろうか。

話は逸れるが,大学の研究室なども大学のドメインが多い。これは,正当なウェブサイトであることを証明する目的があるのかもしれない。一方,所属が変わっていくことを考えると,独自のドメインで運用されたほうがよいのではないかと思える。もちろん,大学側が永久にリダイレクトの面倒を見てくれるのが一番なのであるが。

過去の有益な知見が,さまざまな事情によって参照できなくなっていることは大いなる損失である7。書籍も手に入りにくくはなるが,図書館などによって最低限の維持管理がなされている(最近の図書館に関する問題は別にあるが,それには今は触れない)。しかし,web では Internet Archive もさほど期待できず,本当に失われてしまうことが多い。

さらに,ドメイン内でどのようにファイルを配置するかという問題8もある。このウェブログでは,総合案内に関するものを除き日付と番号簡単なタイトル9で管理することとした。理由は,このように書き捨てるウェブログにおいては,重複しないファイル名を付け続けることはストレスになると考えたからである。この辺りは,W3C が理論上真っ当なことを言っている10一方で,Googleも直感的に悪くないことを言っており,これらが多少衝突するからやりにくい。現在のところ,SEO 的には Google の言うことを無視できないだろう。高校数学調律研究室のほうでは Google の言っていることに近い運用をしているが,これを長期的に維持できるのかは確かに不安がある。こちらの URI をどうすべきかは,記事が少ない今のうちに考え抜いておかねばならない。,URI 上では階層構造をやめ,ドメイン名の直後に記事タイトルのみを置くこととした。このようにした理由は次である。

  • 将来的にカテゴリ構造を変更しても URI に影響が出ないようにするため。
  • 記事のタイトルは,その時点の記事の意味によって確定しているため。
  • 技術的な記事は随時更新されてゆくものであるから,初稿日を含むことは適切でないため。

実際にルート直下にファイルを配置していては不便すぎるが,Hugo はディレクトリ構造と URI をルールに従って自動的に編集してくれる機能があるのでそうした心配はない11


  1. 須藤正彬,なぜ『須通り』はTwitterをやらないの?。須通り Sudo Masaaki official site,参照 2022-08-11。 ↩︎

  2. 追記 2022-08-11。 ↩︎

  3. 以前は「内容」のドメインを取っていたが,以後は「(本名の代わりにキャラクタの)名乗り」のドメインにしようと考えた。そうすれば,何をしようとドメイン名と内容は乖離しない。筆名ではなくキャラクタ名にしておいたのは,何らかの理由で本名で活動することにした場合を考えてのものである。 ↩︎

  4. Yusuke Osumi,2020年 東京都知事選。tochijisen.tokyo,参照 2022-08-10。 ↩︎

  5. 西村文宏,ウェブサイトを閉鎖するときはSEO的価値を消滅させてから。にししふぁくとりー,参照 2022-08-10。 ↩︎

  6. 西村文宏,放棄した独自ドメインが広告サイト化してしまうダメージに注意。にししふぁくとりー,参照 2022-08-10。 ↩︎

  7. 奥村晴彦,URI変えるな,ページ消すな。Okumura’s Blog,参照 2022-08-10。 ↩︎

  8. Tim Berners-Lee / 神崎正英 訳,クールなURIは変わらない。The Web KANZAKI,参照 2022-08-10。 ↩︎

  9. 改訂 2022-08-12。 ↩︎

  10. Tim Berners-Lee,Cool URIs don’t change。www.w3.org,参照 2022-08-10。 ↩︎

  11. 改訂 2022-08-12。 ↩︎