国と教室の多数決

偶然に出会った記事であるが,民主主義や多数決とはこういうものである1。人類みなが究極の利己的存在だとは言わなくとも,人類は喜んで自らの不利益を被ってまで自らと直接関係のない後世を幸福にしようという聖人君子の集団ではない。または,「ここは後世のために手厚くすべきだろう」という感性そのものも,自分の理想を表明しているという意味では利己的な行動であると言ってもよい。将来の社会保証を少しでもよいものにするためには,若い世代が社会保障について十分に理解したうえで適切に投票行動をしなければ必要条件すら満たせない。

民主主義が機能するためには,知性と倫理観を併せ持った有権者みなが真剣な投票行動をとることが最低限の前提である。したがって,教育の現場では投票行動がどういう結果を生むのかを学んでもらいたい。

教室では,様々な場面で多数決が行われる。次の自由なホームルームに何をして過ごすかという議題で多数決を取る様子などはイメージされるだろう。しかし,これらの多数決はかなり乱暴なものである。もっとも酷ければ,数分の考える時間を取ったのちに挙手によって案を集め,さっそく投票ということすらある。それぞれの案にどういう意図があるかというやりとりすらないのである。そして,これらは前回どうだったかという振り返りもなく,複数回行われる。そうなると,そのクラスにおける多数派だった感性により,いつも似たような遊びが選ばれる。51% 以上の生徒たちはいつも楽しく,49% 以下の生徒はいつも楽しくないという結果について,誰も疑問を差しはさまない。それほど,生徒たちにとって多数決は正義なのである。

生徒たちが多数決に頼ってしまう理由はいくつかあるだろう。まず,多数が支持したことによる責任の回避が考えられる。たとえば,委員が次回の遊ぶテーマを提示して企画したものの,あまり盛り上がらなかったとする。そうなれば,失敗の責任は委員が負わねばならない。一方,多数決によって決まっていたのなら,「みんなが選んだから」となるのである。そもそも自分の意見を公に戦わせるほどのことはないと思っている可能性もあるだろう。たかがホームルームの遊びくらい,50分間耐えるなりごまかしていればよいのだという感覚である。彼らは深い仲であれば自分の意見を言うこともあるだろうが,クラスの中でわざわざこの遊びがよいと思う理由を述べようという気にはならないのである。

しかし,本来は集団における意思決定を学んでもらいたい。担任をしていても,これらをどう指導するかは難しい。しかし,少なくとも,「いつもすぐに多数決をしていると,偶然多数派になった感性のもとですべてが決まり,少数者は常に無視される」ことはクラスに伝えておかねばならないだろう。また,全体に対して自分の意見の意味を表明できた生徒は大いに評価したい。

とりとめがなかったが,偶然に出会った記事から思い立ったことをここに書きつけておいた。今はまだないが,いずれこうしたことをまとめた文章を作って,気になったときに配れるようにしておいてもよいかもしれない。いずれまとめ直せればと思う。


  1. ちきりん,終電だ!。Chikirinの日記,参照 2022-08-11。 ↩︎