Math: Discovered, Invented, or Both?

時間が失われがちなので避けねばと思う web 巡回であるが,時折こうしたよい記事に出会えるためになかなか断てない。

こうしたものは,時々でも生徒たちに配ってみたい。紙にすると配付だけで時間を取ってしまうのが難点であるが(冒頭だけでも読む時間を取るべきなのでなおさらである),やはり「直ちにその場で読める」ようにしておかなければ,見てもらえる可能性は激減してしまう。

一方,英語の記事であることはさほど問題ではないと思っている。彼らは英語をまさに学んでいるわけであるし,こうしたものを読むためにも英語を学んだほうがいいと思ってもらえるのなら,一石二鳥である。こうした科学の文章はレトリックが複雑でないことも幸いだ。数学の話題で,数学は今のところ不得手でも英語は得意だという生徒の活躍の場にもなるだろう。

いずれ配付資料にしよう,と考えているといつまで経ってもできない。いずれ配ろう,と思っているといつまで経っても配れない。多少ほかの用事があっても,直ちに作って直ちに印刷しておくべきなのであろう。そうしなかった draft が,LaTeX の作業フォルダに山のように残されている。いずれ,これらも舞台に立たせたい。


  1. Mario Livio,Math: Discovered, Invented, or Both?。PBS Online,参照 2022-08-09。 ↩︎